プロポリスとミツバチの関係

免疫力や抗菌力がプロポリスには含まれています。
そもそも、プロポリスは、ミツバチ自身が巣を外側からの敵から巣を守るために唾液と樹脂を混ぜて作ったものです。
これは、巣を補強したり、除菌したりすることもでき、女王バチが卵を産み付ける部屋は、常に無菌状態になっていて、清潔です。
養蜂場で見かける巣箱にも外からの昆虫やカエル、ネズミを防ぐためにプロポリスのエキスを塗り付けて、一切、空気に触れない様にします。
すると、巣箱の腐敗を防ぐ効果があり、長い間、ひとつの巣箱を使い続けられます。
プロポリスの効果は、植物にも適用します。
巣箱の下から、雑草などが、生えてくるのを妨げます。
植物の発芽にプロポリスを塗ります。
すると、植物の成長を抑え込む作用が働き、巣箱が守られます。
プロポリスの採取方法は、ユニークです。
小さな穴を金属板に開けます。
その金属板にミツバチが好まないハーブエキスを拭き掛け、プロポリスを採取する専用の巣箱に置きます。
すると、ミツバチがやってきて、巣箱を清潔に保たせるためにプロポリスを塗り始めます。
常に、巣を清潔に保ち、外敵から巣を守れるというのは、ミツバチの知恵だと感じます。
この金属板を冷やしてから剥がれやすくすると、プロポリスだけを採取できます。